コスメレシピ応用コース

このエントリーをはてなブックマークに追加


手作りコスメ応用コースについて

コスメレシピ基礎コースを終了した方向けのより深い知識が得られるコースです。

ピンポイントの的を絞った内容となっておりますので、受けたいレッスンのみ受けることができます。

例えば、アトピーが気になる方は、アトピー関連のみ受講いただけます。また、順番も好きなものから受けていただけます。必要な講座のみ受講いただけますので、基礎コース終了の方は気軽にご受講いただけます。

受講なさると

お薬替わりとなるような ローションや軟膏を自分に合う濃度や粘度で作成できるようになります。市販薬の購入が少なくなると思います。



応用コースの内容は、以下のようになっております。

レッスン内容 作るもの
1.入浴剤の基礎知識と入浴剤づくり 入浴剤2種
2.カラーリングの基礎知識とナチュラルカラーリング ヘナカラー
3.毛髪の基礎知識と育毛剤づくり 育毛剤
4.紛体の基礎知識と歯磨き粉づくり 歯磨き粉
5.MY薬箱 チンク油、虫よけスプレー、かゆみ止め
6.アトピー性皮膚炎の基礎知識 ローション
7.アトピー性皮膚炎のスキンケアと実際 クリーム
8.軟膏の基礎知識 シンプルオリーブ、亜鉛華軟膏
9.日焼け後ケア用ローションの基礎知識とフットパウダー カーマインローション、紫根チンキ
10.化粧品の応用とローションづくり 夏用ローション
11.皮膚外用剤の基礎知識、経皮吸収と化粧品 な  し
12.漢方での皮膚用塗布、内用薬の基礎知識 紫雲膏、さくら
13.ボディケア用クリームの基礎知識 ボディクリーム
14.科学技術情報の収集法と情報の質評価 な  し
講師より

私自身は、応用コースを受講してとても助かりました。

というのは、当時保育園に通っていた子供がアトピー傾向があり、ステロイドを処方されておりました。
この講座を受講して慢性的に皮膚にステロイドを使う事は、やめたいと考えるようになりました。

ステロイドは、やめるのは大変です。

ステロイドを使い始めると弱い薬ではなかなか効いてくれません。

うちの子は、2才くらいから弱いステロイドが出始めたように思います。ステロイドを使わなくなったのは、5才の10月頃でした。3年間くらいは使用したことになります。

子供は、保育園の終わりころから小学校の2年生1学期までの間、私の作った軟膏を塗り手に包帯を巻き、手袋をはめ学校に通いました。手の荒れがひどかったのです。ステロイドをやめたのでリバウンドがきてジュクジュク状態になりました。

手袋をしているその状況が不便だし可哀想にも思いました。正直、そのことでいじめられたりしないかと心配もありましたが、学校側の配慮もあり、まわりの子供たちも普通に接してくれました。

大人になってから、脱ステロイドをなさった方達を何人か知っておりますが、皆さん苦労なさっています。

アトピーに関しては情報が多くどの情報を選んでよいのか悩んでしまうところです。

子供は、1年以上かかりましたが、アトピー講座で作るクリームと漢方講座で作る紫雲膏で脱ステロイドを何とか乗り越えられました。

実際どれほど多くのクリームや軟膏を作ったかわからないほど作りましたが、自分で作れたので安心感がありました。

私は、脱ステロイドの際にアトピー向け講座で学んだため、大きく迷わずに済んだように感じています。

ステロイドを使わないとなると、悪化した時に劇的に良くなることはあまりありません。できるだけ悪化させない様にすることが大事だと考えています。また、体調管理が大事であることは言うまでもありません。

脱ステロイドをしたからといってそれで終わりではなく、体質的なものはその時の体調や環境で変わってきます。むしろ、大人になってからの方が環境的には悪化しやすいかもしれません。

そのつど、その状態に合わせて必要なものを安心材料でお作りいただきたいと思います。

皮膚に負担のないものを使うことが肌や体に良い事は、アトピーの方だけでなく、どなたにも共通して言えることです。

基礎コースを終えられた方は、応用コースもレッスンをお選びいただきご受講くださいませ。

各1回  ¥7000 (テキスト、材料費込 税込)
(ただし、11、14講座の受講は外部受講となりますので価格が異なります。そのつど、お問い合わせくださいませ。)

講座のお申し込みはこちらから

お問い合わせもお気軽に
042-439-3624


お電話 042-439-3624  お問い合わせもお気軽に^^